英語耳を作るための教材の選び方

英語においてヒヤリング強化は重要です。
このヒヤリングができないと英会話ができないのが当然で
相手が話している事を認識して理解するが大事です。

 

 

読みの英語偏重のいままでの教育では
道具として言語を使いこなす領域ではなくのは明らかで
まずヒヤリング強化のために英語耳を養うことが肝心です。

 

 

この英語耳は日本人が苦手とする子音の聞き取りのトレーニングや
エルとアールの発音の違いを聞き分けて使い分けて発音するなどの

 

 

会話成立のための基礎的な聞き取り力を指し
その強化こそ会話力アップのに繋がるわけです。

 

 

こうした英語力アップのための英語耳 リスニングが出来るようになる教材の選び方ですが
最近では音が消えて短縮されて発音される子音のフレーズをあつめてこれを聞き取り英語になれて英語耳を養うものがあります。

 

 

実際の会話では彼の意味であるヒムをエムを発音ぜす
ヒーと聞こえるようにするのが普通でこうした実践の即した英会話の場面に応じたフレーズを集めたもので反復することで英語耳を養うには最適です。

 

 

またこの教材は、やさしいフレーズで構成されているので
聞き取れないという自信を喪失することもなく英語学習をすすめれることができるので、英会話のスキルアップにはよいと思われます。


英語耳を作るためにはまずしっかり聞くこと

近年日本でも英語の重要性が高まってきているなか興味を持つ人も多くなっています。

 

 

実は世界でも珍しく母国語しか喋れないのが日本です。
世界でも有数の国でありながらバイリンガルの人口が圧倒的に低いのです。

 

 

ですが国際化が進み今後オリンピックも開催される事が決定した今その重要性は前に増して伸びています。

 

 

ですが何から学べば良いのかわからなくなり断念してしまう人も多くいる中一番重要なのはやはり英語耳を作る事です。

 

 

日本にいると生きた英語を聞く事はほとんどないので慣れる事が重要です。

 

 

文法を理解しても単語を知っていても本物の英語を聞き分けられなくては意味がありません。

 

 

英語耳を作るに最適な方法として映画やドラマを見る事です。

 

 

もちろん吹き替えなしで英語字幕にして何度も繰り返し見ては覚えてを繰り返します。

 

 

そうすると自然に歌のようにセリフを覚えてしまいます。

 

そのセリフを真似していろんなところで使ってみたり独り言で言ってみるのも良いでしょう。

 

 

その都度わからない単語などを調べれば細かい文法を理解するよりもどんな場面でどの言葉を使うかを覚えたほうが実際には使えます。

 

 

ある国では小学校からほとんどの授業を英語で進める国もあり圧倒的に聞く力にハンデのある日本人はとにかく英語耳を鍛える事が重要です。